• ホーム
  • ピルを持ち歩くのに無印良品の名刺入れが意外と便利

ピルを持ち歩くのに無印良品の名刺入れが意外と便利

モーニングアフターピルはセックスの時に男性が膣内射精をしてしまった場合に妊娠を回避するために服用するためのピルのことで、トリキュラーの場合は低用量ピルなので、用量を調節しないとモーニングアフターピルとして使用することができません。
トリキュラーを持ち歩く場合には無印良品などで販売されている名刺入れなどのケースを使うと外出時に持ち歩きやすいのですが、無印良品以外のケースでもトリキュラーのシートを持ち歩きやすいものがあるので、それらを利用すると他人に知られずに持ち歩くことができます。
モーニングアフターピルを使用すると副作用などの心配があったり、用量を間違えて吐き気などの不快な症状が出る可能性があるのですが、避妊は基本的には男性がしなければならないので、緊急避妊をトリキュラーで何度もするよりも男性にコンドームを使用させたほうが体に対するダメージを少なくすることができます。

またモーニングアフターピルとしてトリキュラーなどを服用する場合には飲み方が複雑なので医師の指導にしたがって服用するのが一番確実なのですが、旅行先などの場合には無印良品のケースなどに入れて持ち運んで、実際に膣内射精があった場合には72時間以内に服用をして、適切な処置をとる必要があります。
モーニングアフターピルを実際にネット通販などで購入する場合には1万円程度の金額で入手することができますが、婦人科を受診しても処方を受けることができます。
しかし何度も繰り返していると副作用のリスクなどが高まるので、処方を受けられなくなる可能性もあるので、その場合にはネット通販などでトリキュラーを購入してモーニングアフターピルとして利用することもできます。