• ホーム
  • 多嚢胞性卵巣症候群の原因と脳の関係

多嚢胞性卵巣症候群の原因と脳の関係

多様な薬と果物

多嚢胞性卵巣症候群の原因は脳から分泌されている黄体化ホルモンの作用が強いことであるとされていて、このホルモンの働きを弱めることで不妊治療をすることができるのですが、生理中の血液検査などで脳から分泌されているホルモンが高い場合には同時に男性ホルモンの値も上昇している場合があります。
原因は脳の働きにあるので、治療をするのが難しいとされているのですが、大学病院などを受診すると適切な治療を受けることができるので、妊娠する確率も高まります。
多嚢胞性卵巣症候群の女性によく見られる症状としてはニキビが多かったり、体毛が濃いなどの男性ホルモンの作用による全身症状が多く、また家族に糖尿病の人が多い場合などにも多嚢胞性卵巣症候群のリスクが高まるとされています。
治療法としては排卵誘発剤によるものが一般的で、トリキュラーなどの低用量ピルを用いるよりも多くなっています。
トリキュラーなどの低用量ピルを用いると妊娠する確率が下がるので、不妊治療に関しては使用することがありません。

多嚢胞性卵巣症候群に関しては運動療法と食事療法などでも自然妊娠できる可能性が高まるとされているので、排卵誘発剤による治療以外にも様々な治療法があります。
トリキュラーは低用量ピルなので精子が子宮にたどり着くのを阻害してしまう働きがあります。
一般的には緊急避妊に使われることがある薬なので、慎重に服用する必要があります。
多嚢胞性卵巣症候群の女性は一般的にストレスに弱いとされているので、運動や食事によって肝機能を改善することによって自然妊娠をすることもできます。
体外受精などもできるのですが、体の状態を整えることが重要なので、体調管理を重視する治療法が一般的です。