• ホーム
  • 更年期障害に効果的な漢方

更年期障害に効果的な漢方

オレンジのカプセルと果物

女性は中年以降になると閉経して赤ちゃんか産まれなくなりますが、その前後の時期には体内でのホルモンバランスが変化するため、さまざまな更年期障害が発生しやすいといわれています。
この更年期障害の症状としては、のぼせ、めまい、動悸、急に汗をかく、全身がだるいなどといった自律神経にかかわるものが多く、抑うつや不安、情緒不安定などといった、精神的に重い症状があらわれてしまうこともあります。

こうした更年期障害に対抗するには、ホルモン補充療法というものが用いられることが多く、ホルモンが含有された錠剤を経口摂取したり、または貼り薬などで使用して、外から不足のホルモンをおぎなうのです。
更年期障害といえば女性特有のものと思われてきましたが、実際のところは男性でも少なからずこのような症状がみられるということもあきらかになってきており、症状には個人差も大きいようです。

女性の場合、より簡単には、トリキュラーのような経口避妊薬を使用するという方法もあります。
トリキュラーの成分は卵胞ホルモンと黄体ホルモンというふたつの女性ホルモンです。
そのため、トリキュラーを避妊目的とあわせて、更年期障害の症状緩和に用いるのです。

ほかにも、比較的体に対する効能のおだやかな漢方薬を使用するという方法もあります。
のぼせやめまいなどの症状があるときには、加味逍遥散や女神散などが処方されることが多いようです。
男性であれば八味地黄丸なども効果があるとされています。

ただし、漢方では体格ががっちりしたタイプを実証、やせ型を虚証として、これにあった処方をするなど、専門的で複雑な体系があり、ここに挙げた漢方薬が必ずしもすべての人にあてはまるわけではないため、薬剤師に相談するなどしたほうがよいでしょう。