記事一覧
多嚢胞性卵巣症候群の原因と脳の関係 2020年03月12日

多嚢胞性卵巣症候群の原因は脳から分泌されている黄体化ホルモンの作用が強いことであるとされていて、このホルモンの働きを弱めることで不妊治療をすることができるのですが、生理中の血液検査などで脳から分泌されているホルモンが高い場合には同時に男性ホルモンの値も上昇している場合があります。原因は脳の働きにある...

太らない?トリキュラーを服用する時の悩み 2020年02月04日

トリキュラーはメジャーなピルとして、多くの医療機関で使われています。手軽に利用する事ができるだけでなく、生理痛が軽くなるとか、生理が規則正し...

トリキュラーの飲み方について 2019年12月27日

トリキュラーには二種類あるので、自分の飲み方に合わせて選ぶことができます。飲むのを忘れそうな場合には28日間続けて飲むことができるトリキュラ...

ピルを持ち歩くのに無印良品の名刺入れが意外と便利 2019年12月01日

モーニングアフターピルはセックスの時に男性が膣内射精をしてしまった場合に妊娠を回避するために服用するためのピルのことで、トリキュラーの場合は...

トリキュラーの中絶後の使用に関して 2019年11月03日

トリキュラーは低用量ピルです。エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンが配合されて...

初めてのトリキュラーの入手方法について 2019年10月04日

トリキュラーは低用量ピルの一種で、日本での入手方法は産婦人科や婦人科を受診して初めて利用することができます。基本的にトリキュラーをはじめとす...

ピルを使うなら禁煙を!トリキュラー減退出血の仕組み 2019年10月02日

トリキュラーは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの作用で、高い避妊効果が得られる低用量ピルです。卵胞ホルモンは、21日間一定量含まれていますが、黄体ホルモンの配合量は三段階(6日、5日、10日)変わります。これは、自然のホルモン分泌に似せることで、避妊効果を保ったまま、経口摂取するホルモンの総含有量を低減...

更年期障害に効果的な漢方 2019年09月30日

女性は中年以降になると閉経して赤ちゃんか産まれなくなりますが、その前後の時期には体内でのホルモンバランスが変化するため、さまざまな更年期障害が発生しやすいといわれています。この更年期障害の症状としては、のぼせ、めまい、動悸、急に汗をかく、全身がだるいなどといった自律神経にかかわるものが多く、抑うつや...

ホルモン補充療法と低用量ピルの違い 2019年09月28日

ホルモン補充療法という言葉をご存知ですか。女性ホルモンを飲み薬や張り薬、ゲル状の塗り薬等で体に不足している分を補うことで自律神経失調症や骨粗鬆症を予防する効果があることで話題になっている治療方法です。同じように治療を目的として女性ホルモンを飲み薬で体内に取り入れる方法で低用量ピルがあります。ホルモン...